子ども向けプログラミングスクールの開業方法と具体的なステップ

       

公開日:2023/08/15  最終更新日:2023/06/13

プログラミング

近年、プログラミングの需要は高まっており、2020年には義務教育課程に必修化されたことで、その需要は更に高まっています。そうした背景からプログラミングスクールを開業しようと考える方が多くいます。今回は、そんなプログラミングスクール開業を検討中の方に向けた開業方法や、開業までの具体的なステップの詳細を解説していきます。

子ども向けプログラミングスクールの開業に必要なもの

プログラミングスクールと言っても、さまざまなサービスの形があるので、今回は「これは絶対に必要!」と言える4点を中心に紹介します。

1つ目は「開業場所」です。今はさまざまなサービスがオンラインで提供されていますが、人を集めて行うスクールとなると、その開業場所は利益にも直結する最も重要な要素の一つと言えます。

主な選択肢は、「自宅」「コミュニティセンター」「賃貸物件やレンタルスペース」「持ち物件」の4つです。

しかし、自宅にスクールを開くほどのスペースがなかったり、物件を持っていない場合の方が多いので、現実的な選択肢としては、コミュニティセンターやレンタルスペースになります。

多くの方が始めはレンタルスペースを利用する場合が多いのですが、いくつかの条件に合致するのであれば、安価に利用することのできるコミュニティセンターはおすすめです。

2つ目は「Wi-Fi環境」です。レンタルスペースにもともと無料Wi-Fiなどの環境が有れば安心ですが、開業場所にこだわるあまり見落としがちなのが、Wi-Fi環境です。

プログラミングスクール開業には欠かせないものであり、臨時でポケットWi-Fiを準備したとしても、通信速度によってはスクールとして成り立たないこともあります。Wi-Fi環境の有無は、物件探しの際、必須項目として確認すべき点です。

3つ目は「プログラミング知識」です。ご自身が講師として教えられるほどのプログラミング知識を持っていれば良いのですが、自身にその知識がない場合は、他の方を講師として招くことや、プログラミング学習ツールなど他の方法を考える必要があります。

4つ目は「教材の作成・準備」です。ご自身や他の方が講師をするにしても学習ツールを使う場合でも、どの教材を使って学習を進めていくのかは、スクール選びにおいても重要なポイントとなります。集めたい生徒のレベルに合わせた教材を準備すべきでしょう。

開業までの具体的なステップ

次は開業までの具体的な流れを解説していきます。まず決めなければならないのが、「スクールの方向性」です。

教室を構えるのか、それともレンタルスペースなどを使うのか。開業したばかりであれば、生徒の人数を見ながら調整できるレンタルスペースがおすすめと言えます。

また、授業形態も決めておかなければならないことの一つと言えます。学校のような講義型か個別指導型なのかなどです。これにより、設備をどのぐらい整えなければならないのかが決まってくるので、重要なポイントと言えます。

方向性が決まったら、次に進めなければならないのが、「設備を整えること」です。パソコンや教材をはじめ、揃え始めると細かな備品類なども必要になるので、必ず開業前にシミュレーションをしながら準備することが必要です。

次は「集客方法を考える」です。チラシや看板なども一定の効果は見込めますが、現在必要不可欠な集客ツールと言えば、ホームページやSNSは外すことができません。まずは比較的低予算で大きなリターンが期待できるWEBツールを活用して宣伝していきましょう。

ここまでが基本的な開業に必要な流れです。

手堅く開業したい方はフランチャイズがおすすめ

開業には大きく2通りの方法があります。

それは自身で新たに開業する場合とフランチャイズに加盟して開業する場合です。もともと学習塾を運営していたり、プログラミングの知識があるなど何かしらの基本的なノウハウを持っているのであれば、フランチャイズなどを利用せずご自身で新たに開業する方法をおすすめします。

フランチャイズ特有の加盟料がかからないなど費用を抑えることができますし、指導方法など自身のノウハウに沿った自由なやり方で運営できるのは、開業の最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

しかし、自身で開業するのであれば、教材の選定はもちろん、集客においてもご自身で行わなければならないので、その点は、覚悟が必要です。

それに対して、すでに知名度がある有名プログラミングスクールのフランチャイズとして、事業をスタートさせる場合、教材だけではなく、指導方法のノウハウも提供してもらえます。

また、知名度もあるので、開業当初から一定の集客が見込めるという点は非常に大きな安心材料でしょう。できる限りリスクを回避した上で開業したいということであれば、フランチャイズに加盟することがおすすめです。

まとめ

プログラミングの需要は高まっていますが、他の習い事に比べるとまだまだ認知度が低いと言えます。この状況をしっかりと理解した上で、この時代背景をチャンスと考えるか時期尚早と考えるか人それぞれでしょう。しかし、これからますます需要が高まると考えられるプログラミング分野は、早い段階でチャレンジすることが大きな成功のカギかもしれません。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

2020年に「学習指導要領」改訂の一部として、プログラミング教育の必修化が決まりました。この流れを受けプログラミング教育の需要は高まりを見せていますが、果たしてそれを教えるプログラミングスク

続きを読む

近年、プログラミングの需要は高まっており、2020年には義務教育課程に必修化されたことで、その需要は更に高まっています。そうした背景からプログラミングスクールを開業しようと考える方が多くいま

続きを読む

2020年より小学校でのプログラミング教育が必修となりました。中学校、高校での必修化も進んでおり、2024年には大学受験での出題も決定しています。それに伴い、学校以外でもプログラミングを学べ

続きを読む

子ども向けのプログラミングスクールは人気を集めており、新しく開業しようと思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際に開業するにあたって、どのように開業すればよいのか、わから

続きを読む

メリット 黒字校舎引継ぎプランでは、安定した売り上げの立っている直営校を譲度するため、低リスク・呼応収益で開業できる。 フォロー・サポート 地域密着の県本部とアクシスFC本部からのWサポート

続きを読む

メリット プログラミング未経験の方や教育事業未経験の方でもOK。講師としてのスキルや教室運営に関する研修あり。 フォロー・サポート 毎年ライセンス更新のための研修を実施することに加え、定期的

続きを読む

メリット 教え方自由/オーナー様のスタイルに合わせ教え方を変更可能 フォロー・サポート 生徒募集から獲得までの営業など開業に合わせた特典。サポート体制が充実 コース例 基本コース、初級コース

続きを読む

メリット Z会グループの会社が運営しているサービス フォロー・サポート 記載なし コース例 Primary、スタンダード 問い合わせ 電話:03-5275-9575 FAX・問い合わせフォー

続きを読む

プログラミングの小学校教育必修化にともない、プログラミングスクールを開業しようと考えている方は多いでしょう。そこで重要なのが、プログラミングスクールを開業する物件選びです。この記事では、開業

続きを読む

メリット 使用していないスペースを有効活用。 フォロー・サポート 独自カリキュラム、開港前の研修実施、定期的な情報交換など各種サポートがある。 コース例 マインクラフトコース、ゲームアプリコ

続きを読む