子ども向けプログラミングスクールは儲かる?市場性や将来性を解説

       

公開日:2023/09/15  最終更新日:2023/06/15

儲かる

2020年に「学習指導要領」改訂の一部として、プログラミング教育の必修化が決まりました。この流れを受けプログラミング教育の需要は高まりを見せていますが、果たしてそれを教えるプログラミングスクールは儲かるのでしょうか?今回は、プログラミングスクールは儲かるのか?将来性などに焦点を当て詳しく解説していきます。

子ども向けプログラミングスクールは儲かる?

子供向けのプログラミングスクールといってもその形態はさまざまあります。個人で教室を構える学習塾形式や、レンタルスペースなどを使い定期開催する教室形式、その他オンライン形式などです。その中でも比較的開業へのハードルが低いことから、フランチャイズに加盟して開業する方が多くいます。

今回は、フランチャイズに加盟してプログラミングスクールを開業した場合、儲かるのかという疑問に答えていきます。プログラミング自体は冒頭に記載の通り、国を挙げて促進していこうという流れがあるため、今後ますます需要は高まると言えます。

しかし、各スクールの収益となると大きな差が生まれてきます。その差の原因は、「どれだけ顧客を獲得することができるのか」であり、各々の集客力がポイントになります。集客における基本は、「なるべく費用をかけないこと」です。

具体例としては、ホームページやSNSは欠かせないツールと言えます。それ以外にも折り込みチラシやポスティング、ビラ配りなどさまざまな方法があるので、開業する地域の特性を見極め、費用の配分を考えていきましょう。

ここで、ある企業が例として挙げているフランチャイズ加盟店の収支を紹介します。この事例では、一般的な月謝として1万3,000円、レンタルルームの利用料が2,000円として算出しています。生徒数が30名だった場合、年間のレッスン料として468万円が見込めます。

そこから、年間のレンタルルーム利用料72万円を差し引くと396万円がおおよその収益となります。

これが生徒数60人、90人となった場合、当然レッスン料としての収益は上がりますが、その分、レンタルルームも大きな部屋を借りなければならなかったり、レッスン自体のコマ数を増やさなければならないので、その分調整が必要になります。

子ども向けプログラミングスクールの将来性

大まかな収益形態をご理解いただいた上で、プログラミングスクールを事業としてスタートさせるのならば、その将来性はどうなのか?その点を理解しておく必要があります。結論から伝えるとプログラミング事業分野の将来性は非常に高いと言えます。

その理由を3つのポイントに分けて解説していきます。1つ目は「プログラミング教育の必修化による需要の高まり」です。冒頭に記載の通り、2020年に文部科学省が示す学習指導要綱の改正があり、プログラミング教育が小学校で必修化されました。

これはプログラミング業界にとって大きな追い風になったと言えます。2つ目は「市場規模の大幅な拡大」です。必修化などの影響もあり、2018年は90億円ほどだった市場規模が2020年には140億円ほどに拡大しています。

また、2025年には300億円を超える見通しもあり、将来性は非常に高いと言えます。3つ目は「プログラミングスクール事業の増加」です。市場規模の拡大を予測したのか、プログラミングスクール自体の数も年々増加しています。

増加することで、競争率は上がりますが、それだけ注目を集め需要が高まることにも繋がるため、その競争に勝つことが出来れば大きな成功を収めることにも繋がります。このようにさまざまな観点から見てもプログラミングスクールの将来性は大きな可能性を秘めていると考えられます。

手っ取り早く開業したいならFCがおすすめ

「会社員として一生を終えるのではなく、自らの力で事業を進めていきたい!」と考える方は多くいると思いますが、そう考えた多くの方が思うことは「失敗したらどうしよう…」ということです。そうした方におすすめなのがフランチャイズに加盟し開業することです。

それがなぜおすすめなのか?その理由を解説していきます。理由の1つ目は「自分にあった仕組みを選ぶことができる」です。フランチャイズというと制約が多く自由度が低いと思われるかも知れませんが、フランチャイズ展開をしている企業は非常に多くあります。

ご自身の考えにあったフランチャイズ本部を選ぶことで理想に近い開業をすることができます。2つ目は「コストを抑えることができる」です。フランチャイズに加盟するとロイヤリティ(加盟料)が発生するため利益が少なくなると思われがちですが、そうとも限りません。

開業にかかる初期費用や広告宣伝費等を考えたとき、フランチャイズに加盟した場合の方がコスト削減に繋がる可能性は非常に高いと言えます。

まとめ

この記事を読んでいただくとお分かりいただけると思いますが、プログラミング事業は今後ますます需要の高まりが期待できる分野と言えます。しかし、当然のことながらそのチャンスを狙う方も多く競争は激化することでしょう。

そんな中、ご自身の方向性にあったフランチャイズ本部を選ぶことが、ローリスクで成功を掴み取るための、成功への第一歩と言えます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

FCオーナーが直面する税金と節税対策について、重要なポイントを解説します。フランチャイズ店の運営に欠かせない税金の知識を持つことは、成功への近道です。本記事では、支払うべき税金の種類や節税の

続きを読む

プログラミングスクールのフランチャイズは利益が出やすいのでしょうか。プログラミングスクールの創業に興味があるなら、注意深く検討すべきポイントがあります。スクール運営を成功させるには、投資前に

続きを読む

フランチャイズで成功する人と失敗する人の違いは何でしょうか?フランチャイズはビジネスを始めるハードルが低いのが特長ですが、残念ながら必ずしも成功するとは限りません。本記事では、フランチャイズ

続きを読む

小学校でプログラミング教育が必修となったことをきっかけに、子どの向けプログラミング教室を開業した方は多くいます。昨今では中学校や高校でも必修となったため、教育スキルを活かして教室を開業しよう

続きを読む

2020年に「学習指導要領」改訂の一部として、プログラミング教育の必修化が決まりました。この流れを受けプログラミング教育の需要は高まりを見せていますが、果たしてそれを教えるプログラミングスク

続きを読む

近年、プログラミングの需要は高まっており、2020年には義務教育課程に必修化されたことで、その需要は更に高まっています。そうした背景からプログラミングスクールを開業しようと考える方が多くいま

続きを読む

2020年より小学校でのプログラミング教育が必修となりました。中学校、高校での必修化も進んでおり、2024年には大学受験での出題も決定しています。それに伴い、学校以外でもプログラミングを学べ

続きを読む

子ども向けのプログラミングスクールは人気を集めており、新しく開業しようと思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際に開業するにあたって、どのように開業すればよいのか、わから

続きを読む

メリット 黒字校舎引継ぎプランでは、安定した売り上げの立っている直営校を譲度するため、低リスク・呼応収益で開業できる。 フォロー・サポート 地域密着の県本部とアクシスFC本部からのWサポート

続きを読む

メリット プログラミング未経験の方や教育事業未経験の方でもOK。講師としてのスキルや教室運営に関する研修あり。 フォロー・サポート 毎年ライセンス更新のための研修を実施することに加え、定期的

続きを読む